虫歯菌を予防する歯磨き粉!フッ素を凌ぐ世界初の予防成分BLIS M18

歯磨き粉に含まれるフッ素の効果と危険性

kiken_irasuto

虫歯を予防する成分として「フッ素」は一般的によく知られています。具体的にフッ素は、歯のエナメル質(歯の一番外側の素材)の修復と歯を固くする効果があると言われています。

しかし、一方でフッ素は安全性が疑問視されている成分でもあります。例えば、海外のある学術論文ではフッ素の神経毒性が指摘されています。具体的にはフッ素を摂取すると脳神経が破壊されて知能が低下するとも言われています。このような理由から、小さな子供のいる親御さんの中にはフッ素を使用しない方針の方もおられるようです。

逆にフッ素は少量であれば安全であるという意見があるのも事実です。

ですが「少量であれば安全である」という意見には一概に同意できない部分もあります。なぜならば、歯磨き粉は1日で3回も使用する特性があるからです。年間の使用回数で計算すると1095回(1日3回×365日)も使用する事になります。

こう考えると、たとえごく少量のフッ素を摂取したとしても1年で1095回も使用すれば、フッ素の摂取量が蓄積する可能性も考えられます。

確かに、フッ素を「良い」と考えるか「悪い」と考えるかは人それぞれですが、良いのか悪いのか分からない「フッ素」成分の入った歯磨き粉をわざわざ使用する必要があるのでしょうか?

特に子供の場合は大人と違って体が成長する過程である事もあり、より化学物質の影響が大きい事が予想されます。そう考えると子供の場合には歯磨き粉はできる限り安全な商品を使用したいものです。

一方、世の中には安全なうえに虫歯予防に効果的な歯磨き粉が存在します。例えばこのホームページでもご紹介している「ブリアン」という歯磨き粉がそれにあたります。

子供用歯磨き粉の「ブリアン」は世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」を日本で初めて使用した歯磨き粉です。「BLIS M18乳酸菌」というと聞き慣れない言葉ですが、どのような成分なのでしょうか。

実は「BLIS M18乳酸菌」は虫歯ができない子供から発見された口内善玉菌です。さらに「BLIS M18乳酸菌」は元々人の口の中に存在している善玉菌なので歯磨き粉として使用しても安全です。

つまり、虫歯予防の効果を考えるなら、安全性が疑問視される「フッ素」配合の歯磨き粉より、安全な善玉菌「BLIS M18乳酸菌」配合の「ブリアン」歯磨き粉を使用した方が良いのは明らかです。

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 

世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」の効果と発見の歴史

kin_irasuto

皆さんもご存知のとおり虫歯の原因は虫歯菌です。また、現在の虫歯予防は、この虫歯菌を減らす目的で歯磨きをするという方法が主流になっています。

ですが皆さんは「歯磨きをしなくても虫歯にならない人がいる」事をご存知でしょうか?

近年、フッ素など歯磨き粉に含まれる成分の安全性が疑問視されはじめています。それにともない世界的に虫歯にならない人の研究が盛んに行われるようになりました。

そして研究の結果、発見されたのが先ほどもご紹介した口内善玉菌の「BLIS M18乳酸菌」です。

この「BLIS M18乳酸菌」は全世界で2%の人だけが持っている口内善玉菌で、ニュージーランドの虫歯にならない子供たちの研究によって発見されました。そして、この口内善玉菌を世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」として歯磨き粉に採用したのがブリアンなのです。

それでは、なぜ「BLIS M18乳酸菌」配合の歯磨き粉「ブリアン」を使用すると、虫歯の予防ができるのでしょうか?

その仕組みは次の通りです。ブリアンを使用すると、ブリアンに配合されている善玉菌の「BLIS M18乳酸菌」が口の中で増え始めます。すると口の中が虫歯菌が住みにくい環境になり、結果としてを口の中から虫歯菌を排除する事ができるのです。

また「BLIS M18乳酸菌」は500マイクロメートル以下という非常に小さい粒子なので、歯ブラシが届かない歯間や歯茎の間までその成分が届きやすい事も特長の1つです。このような性質からも「BLIS M18乳酸菌」は虫歯予防に非常に適した虫歯予防成分である事が分かります。

つまり、世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」配合のブリアンを使用する事で虫歯(虫歯菌)の予防ができるのです。

ブリアンと虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」は安全で安心

anzenn_ansin

近年、市販の歯磨きに含まれる化学物質の危険性が指摘されはじめています。また、市販の歯磨き粉には本来歯磨き粉に不必要な成分が沢山入っている事をご存知でしょうか?

例えば、下記の成分はその一例です。

・洗浄剤(研磨剤):リン酸水素カルシウム、水酸化アルミニウム、無水ケイ酸、炭酸カルシウムなど
・発泡剤:ラウリル硫酸ナトリウムなど
・保湿剤:プロピレングリコールなど
・甘味料:サッカリンナトリウムなど
・潤滑剤:ソルビトール、グリセロール、プロピレングリコールなど
・殺菌剤:IPMPなど
・保存料:安息香酸ナトリウム、パラベンなど

さらに、誠に残念な事ですが、これらの成分の中には体に有害だと考えられるものが存在するのも事実です。

例えば歯磨きの効果とは全く関係のない、泡立ちをよくする為の成分「ラウリル硫酸ナトリウム」は舌の細胞を破壊する事が分かっています。

この他にも口の中を保湿させる成分「プロピレングリコール」や子供用歯磨きに使われる事が多い甘味料「サッカリンナトリウム」は発がん性が疑われています。市販の歯磨き粉には、他にも様々な危険性が疑われる成分が入っています。

このような市販の歯磨き粉に対して、先ほどもご紹介したブリアンは一般の歯磨き粉に配合されているような化学物質は一切入っていません。

また世界初の虫歯予防成分である「BLIS M18乳酸菌」は、人の口の中から発見された善玉菌なので安全性の面でも非常に優れています。さらにブリアンは日本国内で生産されているので、その点も安心できる歯磨き粉であると言えるでしょう。

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 

ブリアン歯磨き粉で虫歯菌を減らす事の重要性

mushibakin_gazou

◎歯垢を完全に口の中から排除する事はできないので・・・

虫歯の原因の1つは歯垢だと言われています。その理由は虫歯菌が歯垢の中に潜んで増殖するという性質があるからです。

また歯垢は口の中で48時間ほど経過すると硬い歯石になってしまいます。そして歯石も虫歯菌が潜む温床となってしまうのです。

つまり、歯垢を口の中から排除する事が虫歯予防には欠かせません。しかし、残念ながら歯垢を100%口の中から排除する事ができないのも事実です。

◎歯垢を減らす以上に重要な虫歯菌対策

そこで、虫歯予防で「歯垢の排除」よりも大切なのは「口の中から虫歯菌を減らす事」になってきます。その為に私達は歯磨き粉を使用して歯磨きをしています。

一般的に市販されている歯磨き粉は口の中を殺菌する事によって虫歯菌を減らす事を目的にしています。しかし問題は歯磨きをすると虫歯菌と一緒に口内善玉菌まで減ってしまう事です。

実は口の中の口内細菌は一定量で保たれる性質をもっています。その為、歯磨き後は一次的に減った分の口内細菌が元の数に戻ろうという力が働きます。

そして、虫歯菌は砂糖を含んだお菓子を食べる事によって増殖する性質を持っています。

つまり口内細菌の数が減った状態でお菓子を食べると、歯磨き前よりも虫歯菌の割合が逆に増えてしまう可能性だってあるのです。もしこんな事が繰り返されると、歯磨きによって虫歯になりやすい口内環境になってしまいます。

これに対して、ブリアン歯磨き粉を使用すると、歯磨き粉に含まれる虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」が口の中で増えて虫歯菌を減らす効果があるのです。

つまりブリアン歯磨き粉なら虫歯になりにくい口内環境に改善する事が可能なのです。

赤ちゃんから子供、大人まで使える虫歯予防の歯磨き粉

kodomo_otona_hamigaki

◎赤ちゃんに無添加の歯磨き粉の使用が重要な理由

当然の事ですが赤ちゃんは「ぶくぶくうがい」ができません。また小さな子供の場合にも「ぶくぶくうがい」が苦手な場合も珍しくありません。

つまり、赤ちゃんや小さな子供は歯磨き粉を飲み込むのは当たり前だと考えた方が自然です。そうすると、赤ちゃんや小さな子供が使用する歯磨き粉は飲み込む事を前提とした安全性が重要だと言う事になります。

ですが、先ほどご紹介したように市販の歯磨き粉には様々な化学成分が配合されています。

そこで無添加の歯磨き粉を選ぶ親御さんが多い訳ですが「無添加の歯磨き粉では虫歯予防の効果に疑問がある」という意見が多いのも事実です。

そのような時にオススメなのが世界初の虫歯予防成分「BLIS M18乳酸菌」を配合したブリアン歯磨き粉なのです。

◎大人にも嬉しいブリアン歯磨き粉の効果

ブリアン歯磨き粉は子供用歯磨き粉として有名な商品です。そして子供用ブリアン歯磨き粉と言えばイチゴ味で子供が好んで使ってくれる事が特長でもあります。

ブリアン歯磨き粉は世界初の虫歯予防成分が配合されている事から「子供用のブリアン歯磨き粉」を親子で使用しているという方も少なくありませんでした。

ですが2016年の秋に発売の「大人用ブリアン歯磨き粉」の登場によって大人も気兼ねなく、ブリアン歯磨き粉を使用できるようになりました。また味も子供の好きなイチゴ味からミント味になっています。

大人用ブリアン歯磨き粉には、虫歯予防成分の「BLIS M18乳酸菌」に加えて、口臭予防成分の「BLIS K12乳酸菌」が配合されています。

実は大人の口の悩みの1位と2位は「口臭」と「虫歯」で、この2つの口の悩みを解消してくれるのが大人用ブリアン歯磨き粉なのです。

つまり、子供には安全でしかも虫歯予防に効果のある子供用ブリアン歯磨き粉が最適ですし、大人には「大人の口の悩み“口臭”と“虫歯”」の両方を解消できる大人用ブリアン歯磨き粉がオススメです。

このように、大人用ブリアン歯磨き粉の登場によって、親子揃っての効果的な虫歯予防ライフが実現できるようになりました。

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 

 

burian_botan
フッ素を凌ぐ虫歯予防成分「BLIS M18」配合の歯磨き粉

 


PAGE TOP